忍者ブログ
おんなのこは世界にひとり。だから彼女は、かみさまだ。
Calendar
<< 2017/10 >>
SMTWTFS
1234 567
891011 121314
15161718 192021
22232425 262728
293031
Recent Entry
Recent Comment
Category
112   111   110   109   108   107  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

徒然。

愛車インサイトの次期モデルの開発が中止されたとの情報が雑誌にあった。
このセグメント(車格)での採算は難しいとして撤退、HVシステムはフィット級に搭載していくとのこと。

インサイトは、当初HV=プリウスとなってしまったトヨタの牙城を切り崩すための尖兵として開発された。販売台数ではプリウスに敵わなかったが、 トヨタの独占市場だったHVに選択肢を与え、価格の引き下げを誘引したことは評価に値する。また、ホンダのHVシステムはトヨタに比べ小型で他車種への搭 載が容易という利点を活かして、フィットやフリードに横展開していったことも、至極当然の結果だろう。

最小クラスのフィットにHVシステムが移植された時点で、インサイトは「HV搭載」としての役目を終え、「ホンダのHV」の「ブランドイメージ」として車を育てるべきだった。
しかしフィットHVの盛況に気を良くしたホンダは胴体を延長したフィットシャトルに、インサイトとまったく同じパワートレインを搭載、価格を10万円安くして売り出した。
社内(フィットHV・フィットシャトルHV)からも社外(プリウス)からも敵視されたインサイトはそのあるべき姿を失い、命運を絶たれることになった。

ホンダに失望した点が2つある。1つは、車名を蔑ろにしすぎである。欧州の車を見れば分かるように、彼らは新しい車名をポンポンだしたりしない。 「この車は、どうあるべきか?」を考え、そのコンセプト、イメージを大切にしながら作っていく。そこに、ブランドにたいする安心感やイメージが定着する。 老舗の老舗たる所以である。
もう一つは、現状のラインナップのまずさである。「いつかはクラウン」というキャッチコピーから分かるように、カーメーカーは通常、顧客が徐々に 車をランクアップしていけるようにひな壇式に車格を構築する。しかし、インサイト、シビックHVの凍結によりフィットHV以後のラインナップは無くなって しまった。また、高級車のイメージ構築を重視しなくなったホンダはHVを除いても300~400万円台のプレゼン能力に欠ける。これでは、折角フィットで 初期の顧客をとりこんだとしても、高利益層のサルーン、高級ミニバンを他社に奪われてしまうだろう。

確かに、フィットはコンパクトカーとしてはデザイン、ユーティリティ、コストパフォーマンスで他社と比べて頭ひとつ抜きん出た印象がある。しか し、それは逆に「コンパクトカーの極致」に到達してしまい、これ以上のものが生み出せない悩みも、HVや10thアニバーサリーなど特別仕様車を乱発する 姿勢から見え隠れする。


インサイトは発売当初、その価格と牙城を崩す尖兵という役割から、周囲の喝采を浴びた。しかし最後は、より車室ゆとりのあるプリウスに圧倒され、 その後継機を開発されることもなく、時代に消えていく運命にある。私は、その姿を開戦当初圧倒的性能をもちながら、エンジンの高出力化が難しいため終戦ま で後継機を開発されず、散っていった零戦に重ねてしまう。

とはいいつつも、世間がどう評価しようが、私は愛車インサイトを愛している。願わくば、次に乗り換えるまでに良き後継機に恵まれることを望む。
PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Profile
HN:
深影(みかげ)
性別:
非公開
自己紹介:
RO SES鯖 WHEREVER(鷹連)

深 影:AB
蒼 影:RG
黒鴉の魔女:狼
影の書:皿
星詠の書:WL
Search
Comments
[01/03 深影]
Counter
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ