忍者ブログ
おんなのこは世界にひとり。だから彼女は、かみさまだ。
Calendar
<< 2017/04 >>
SMTWTFS
1
2345 678
9101112 131415
16171819 202122
23242526 272829
30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今節のEDP連の勝因とかけまして
今節の鷹連の敗因とときます

PR
久々に廃支で出てみました。
まずは防衛しているところないかなーと物色。N4に敵さんが来たとのことで、取りあえず追っ払うも不完全燃焼気味。そこへビューンとEMCした先はEDP連さん守るA2.ノーマークの守護石を割って、次の1バリも無人ということでブレイク工業。これは解体作業かなーと思っていると、1-2間の水路で待ちかまえていました。そういえばここってDSのお家芸だった気が・・・と不吉な過去記憶が頭をよぎり、結局前回のように前衛にあっというまに蹂躙されてしまいます。前に出るひとが少数なので各個撃破されてしまうのと、狭い地形なのでBB無双されてしまった感じ。

そして次のEMC先はーSNK連さん守るA4!東守護の回廊でにらみ合います。結果的に、戦線レベルで動かすことはできず完封され、撤退。

くやしまぎれに(ぁ)SNK連の隙をついてA1を取得。城門を閉じたんだけどやっぱり敵のほうが早く、3バリで戦闘に。バリ2本を残してなんとか撃退、西守護を辛くも維持成功し、そのまま敵さんは撤退の様子。

派遣戦はB2・C1と取り、最後V4強奪に成功し、N4・A1とあわせて5砦。

■戦果
[攻:鷹連 防:SNK連]@A4→敗北。守護石戦まで。
N4・A1・B2・C1・V4の5砦でした。

■A4戦をふりかえる
敵(SNK)の良かったところ
・遊撃前衛のBBが高威力で、Wizが薙ぎ倒された。
・その前衛がタフネスで、処理に苦労した。
・Dis、バーン、ADSの頻度が高く、前に出た奴から汚物は消毒だ状態。
・残影王によって中間地帯を突破され阿修羅されることが多かった。

鷹連の課題
・残影王と、突進してくる前衛へのDis
・食い込んだ前衛へのSC・LA
・制空火力の強化(射程認識)
・LP前方への霧・サンク・ニュマの完備(前にでやすいよう)

ただ味方も食い込むことが何回かあって、そのときはADS+LAで前に出た敵を順次倒していったとき。遠距離魔法戦だと戦線を維持することはできても押し上げることはできないから、やっぱりキーパーソンを撃墜してラインを上げる手法をとらないとダメなんじゃないかなーと思う。あとは王とLKがテラフリーダム状態だったので、その対処が急務か。

というわけで課題の多いGvとなりました。

<まずお詫び>
先週はレポ追記できず申し訳ありませんでした。土曜ヤマの仕事あり忙殺・・・センセーショナルなとこはちゃんとレポしたし良いよね!(意訳:私は逃げも隠れも(ry)

というわけで連合会議もG会議もドロンして(すいませぬ・・)迎えた今週のGv。斥候からの情報によるとAは非常に重く、Nは軽いとのこと。しかし今週は防衛しているとこは殆どなく・・と、そこにN2のしるさんちから「良かったら遊びに来る?」とお誘いが。行こうか行くまいか迷っていた手前、喜んでお誘いにのります。

守護石戦はとくに時間割かなかった様子。
1バリ戦。敵遊撃はあまり多くなく、仁王LKが数名いる程度。BB威圧というよりも、被害担当艦という印象。自陣で暴れる前衛もいましたが、処理能力の方が上回った様子。
2バリ戦。敵の旗復帰がちょうど自陣の背後を突く形になるので、ちょっとやっかいでした。後半はちょっと封鎖の趣を変えてみたところ、うまくいった様子。
3バリ戦。
敵の復帰位置が遠いのと、こちらのバリへの火器管制がうまくいきだしたのとで、全バリ中最も簡単に撃破。

派遣戦ではまずN4を占領、天悪(SNK連)や赤枝(暁連)、騎士ギルドさんにちょっかい出されましたがなんとか。N2にはMEさんが来て、追い払ったところで本格的なFE派遣タイム。C2とC4を制圧し、ここでタイムアウト。

■戦果
[攻:鷹 防:しるさんち]@N2→勝利。陥落。
N2、N4、C2、C4の4砦でした。

<N2総括>
今回はバリ攻撃班と封鎖班で試したことあり、うまくいった様子。キーワードでいくとラインズマンと罠畑
「なんぞそれ?」と思う鷹所属の人はもうちょっと戦場での視野を広げてほしい!地味な作業ではありますが縁の下の力持ち的な立派な役目だと思います。だから皆も協力してね!
ただ、今回は敵遊撃が少なめだったので、もっと多いところと当たるとなかなか難しいと思います。

<鷹連向けキーワード>
・待ちガイル
・槍と盾→ファランクス型籠城戦
・射程認識
・封鎖班の協調

ノアの帽子のハイプリのノアが可愛すぎて生きるのが辛い影です。
さて今日も攻めだーと偵察しているのとなかなか良い場所が見当たらず。
HRが取っていたN2がIYL連さんに攻められているとのことで、じゃあ防衛でもするか、ということに。

N2[攻:IYL 防:鷹]
2バリ戦からスタートでした。今回は普段よりちょっとだけGSに戦力多め。哨戒からの報告によると、進軍は足並みがとても綺麗に揃っていたそうです。ここらへんは見習いたいところ。戦力的にはGSだけで相手できたようで、バリ裏チームはちょっとお暇モード。ただGSが食われるとバリ前まで詰められるわけで、一回バリ裏のメインとサブの教授にADSが幸せ☆ダブルヒットした時があり、そのときはバリが壊れたよう。最終的にはIYLさんは撤退したけど、自軍の動きとしては決してベストをつくしたとは言い難い感じ。こういうこと言うと荒れるかもしれないけど、もっと上位の連合とか来たらこうはいかないよ。例えばSNKとか。例えばSNKとか。

N2[攻:SNK 防:鷹]
そして派遣ということでN5を取得し、さてFEでも食いにいくか・・・と思っていると。
「N2に敵襲!東は駄目だ西へ向かえ!これは演習ではない!」

じゃーんじゃーん!げえっSNK!?ということで(派遣時に)最も来てほしくない連合さんのご到着。西守護は間一髪奪還に成功、細階段(鷹連いわくつき)で布陣しますが、GSを欠いた戦力vsSNK主力G+αでは厳しいものがありあっさり突破、1バリはもともと無かったので2バリ戦。先週受けたバリ裏からの火砲は攻撃時にも健在でした。バリ前にビッシリ貼りつかれ弾幕つるべ撃ち。守護よりはもったと思いますがほどなく突破。

3バリは先行EMCでき、敵を迎え撃つ形に。N5にも敵さん行ったようで、GSの戦力の一部はN5に割かなければなりませんでした。兵数は両砦の敵味方見てないので省略として、ちょと引き気味にLPとDisしてたんですがなかなかはりつかれると厳しい様子。2バリと同じように突破され、オワタァ・・・

終わりませんでした。突然EMCされた先はN2,エンペ直下。もうFEに行く時間もありません、まさに背水の陣。敵さんもまさかイナバしてくるとは思ってなかったのでしょうか、バリ攻撃時に比べると行軍精度が落ちてるような気がしました。一見防衛側は囲まれてて不利なんですが、敵の手薄なところへ攻撃し、各個撃破を狙います。(イメエジ画像は『皇国の守護者』最終巻を参照)最後にエンペ南西に敵主力GがEMCしてこれはさすがに・・!と思った矢先の黄色ログ。紙一重で逃げ切る格好となりました。

■戦果
N2[攻:IYL 防:鷹]→勝利。2バリ戦から2バリ戦まで。
N2[攻:SNK 防:鷹]→勝利。守護石戦からエンペイナバまで(1バリなし)
N2、N5の2砦でした。

いああ、最後のエンペイナバ戦は久々に拮抗したアツイ戦いでした。あと5分あれば陥落必至だったとはいえ、3バリ決壊からストレートに蹂躙されずに一歩踏みとどまれたのは1砦ぶんの宝獲得以上の何かを鷹連は得た気がします。というかそう信じたい!

とはいえ、喜んでばかりもいられないのも事実。IYL戦ではバリ裏からはGSの姿が見えなくなることがたびたびありました。ともすれば敵がわらーっと来たり。
遊撃の行軍方針については反省会で伝えたとおりですが、(それにも関連するのですが)
遊撃はただ眼前の敵を倒せば良いというわけではないことを今一度考えてほしいと思います。

攻防戦
Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile
HN:
深影(みかげ)
性別:
非公開
自己紹介:
RO SES鯖 WHEREVER(鷹連)

深 影:AB
蒼 影:RG
黒鴉の魔女:狼
影の書:皿
星詠の書:WL
Search
Comments
[01/03 深影]
Counter
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ