忍者ブログ
おんなのこは世界にひとり。だから彼女は、かみさまだ。
Calendar
<< 2017/06 >>
SMTWTFS
123
4567 8910
11121314 151617
18192021 222324
25262728 2930
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

簡単に。
N3防衛開始するもALICEさん?即撤退、その後・・・誰も来ない。誰も来ない。
各地偵察するとIYL連さん・SNK連さんがN2で争っており、EDP連さんも介入しているとのこと。
正直、ここに更に介入するのはカオスすぎるだろう・・と思ったのですが、他の敵がいないこと、既にEDPの介入でぐだってるなら3つ巴も4つ巴も同じか・・ということで、混沌のN2へ。

狙いとしては自陣防御をメインにした戦いを練習したかったのですが、蓋をあけてみれば乱戦・・といえば聞こえはいいが、目の前の動くものにスキル叩きこむお仕事に。そして後から気付いたのですが、EDP連さんとは同盟が臨時で組まれていました。
パワーバランスを考えるなら、IYL+SNK 対 EDP 対 鷹 で、同盟なしの乱戦が相応かと思ったのですが・・・これじゃあなんというか、あれな気がします。2バリ破壊確認してN3へ撤退。

N2で目についたことは、SNK連さんとEDP連さんの布陣の堅さでした。7・8割の人が、火力の前線と後衛陣地の見分けがつき、己のヴァイタリティーの限界を知っているのでしょう。鷹連のスーパーユニットは確かに爆発的な威力を誇りますが、それが機能しない戦闘や復帰中などは自陣が非常に脆弱と感じました。目の前の戦果にうかれて、全体としての基礎錬度が落ちているのではないか・・・ちょっと危惧しています。

その後も相手に恵まれず、EVAさんとかFPさんとかと当たりましたが、なんというか「圧倒的じゃあないか(悪い意味で)」という感じ。

N2への介入、明らかに規模小との戦闘
「誰も喜んでやったわけじゃない、でもやらないわけにはいかない」
これに尽きるのではないでしょうか。
Gvプレイヤーにとって最も大事なことは「モチベーション」だと考えています。昨今の風潮はGvが結果の終着点で、そのための資金稼ぎ、そのためのレベリングのように思います。その2時間を暇防衛でつぶせば、Gvギルドは早晩崩壊します。ここは疑問の余地はないかと思います。
また、よく巷で「鷹連とEDP連でずっとやりあっとけばいいよ」という話を聞きますが、そのやり合いは先月中続いたように思います。拮抗した戦いは確かに楽しいですが、連戦が続けば他の連合ともやりあってみたいと思うのは自然な心情ではないでしょうか。「迷惑だ」と思われるのは当然の心情と思います。しかし他連合のことまで思いやる余裕ないんですよ・・それが正直な心境です。
ただ、蹂躙されると分かっていて相手をするというのもなかなか厳しいと思うので、何らかの対策は立てる必要があるかと思います(鷹連が)。

夢物語・MS Gv撤退の噂
暁連・ME連の片翼を担うギルドであっただけに、とても寂しいです。共にN3での苦々しい経験はいまでも鮮明に思い出せます。幹部の方、お疲れ様でした。兵の方、また戦場で会えますよう。

PR
N共通を守るEDP連さんを攻めました→東守護で完封。
「だから攻守逆なら1バリも触れないと言っただろう?」

恐ろしかったのはRGのオーバーブランド?ヒューンヒューンという効果音と共に味方が文字通り薙ぎ払われていく!ドイツ軍の急降下爆撃機にJu-97スツーカというものがありますが、爆撃時に発生するサイレンのような音は連合軍兵士を恐慌状態に陥れたようです。気分はまさにそんな感じ。
ステなのかスキルの特性なのか、無詠唱の高速連打が可能でした。正直ドラブレよりたちが悪いと思うんだ・・・ドラブレは一応、スペルブレイカーで止めれるので。

今週はEDPさん7砦、鷹連6砦とのこと。→RKRG強すぎ修正汁ってのは直結しすぎじゃないかなーと思ったり。まあ異様に強いのは同意ですが。運要素のが高いと思いますよい。どこかが遅くまでやりあって砦とる機会を逃したとか。基本空き巣狙いで食べていってるだけなので。

p.s
始めて敵さんからアルージョを頂きました。ハイドしても回避できませんでした。
隠れながらzzz。
始めて敵さんにダイアモンドダストがかかるところを見ました。冷凍になると頭のところに雪の結晶(*みたいなの)がつく。

↓<マラソンの成果>

■N4 SNK戦
A2防衛開始でしたがお客さんこないということでSNKさんとこへ。東守護で少し抵抗をうけましたがもりっと押しこんで、1バリをブレイク工業したあたりでSNK連さんは撤退。
西守護防衛だとステイシスで即陥落なので、N共通で守るなら東オンリーかなという印象。通路が狭くなっているので火力を集中しやすい・ニュマを敷く手間が減少というのが良いですね。

■A2 EDP戦
今週もやってまいりましたEDP連さん。1バリ崩壊の連絡が無かったのと、丁度その時ものすごいラグにあたったのとで、次のEMCは水場北。そこでも流れを止めることはできず、2バリも即陥落し、3バリ戦へ。守護石を直しつつ戦線のリセットを行い、態勢を立て直す。何度かの攻撃でバリを削られ、とうとうエンペ戦に。3バリからの撤退がうまくいったのか、復帰地点を内側にした布陣が出来た点が大きいかな。最終的にエンペ付近までもつれこむことなく、EDP連さんは撤退。
守護石戦・1バリ戦で力負けしてるので、地力としてはやはり劣勢かなと感じた。ほとんど遅延戦闘&ゾンビアタックのチャージの早さで逃げ切ったような感じ。戦後相手方の人が「くやしいのう、くやしいのうww」っておっしゃられてましたが、正直攻守逆だったら1バリ突破できてたかどうかも怪しいですから。。。

名言「貴様らが勝ったのではない。その砦の構造のおかげだということを忘れるな!」

なんというか、高Lvのキャラはすべからく無双状態な印象を受ける。まさに鬼神の如し。普通に臨時いってギルハンいってたら100~105そこらだと思うのですが、Lv150とか130とか、やっぱ次元が違うんだろうな。。時代は一人の強キャラが通常キャラの大群を薙ぎ払う時代なのか。なんという戦国無双。

ドラブレ無双が続く昨今、いかがお過ごしでしょうか。
今回は(今回も?)鷹連守るA2へEDP連が攻め入り、辛くも防衛成功と相成りました。

EDP連さん側の動画を見て頂いても分かる通り、昨今のSE戦はドラブレの撃ち合いに始まり、均衡が崩れたところで他火力の投入やマスターの突破EMCなどで戦局が動くというパターンが多い気がします。
均衡が崩れるのも、ドラブレの撃ち合いをしている以上、理由は両軍のダメージ差(秒間火力)がある程度開いた場合(ドラブレ部隊の戦線崩壊)に起こるようです。

■火力の上昇要因
・ユニット数
・キャラクターのLv(HP・SP)
・味方バフ(ブラギ・桜・林檎・植樹・火場etc)

■火力の減衰要因
・マンドラ(+MM)
・フロストミスティによる氷化(詠唱増加・10秒の最低保障)
・スペルブレイカーによる妨害
・ニューマによる防御

これらが影響すると考えられます。

【EDP連さんと対峙して】
・スタンの脅威
先週SNK連さんの悲報は届いていましたが、今度は鷹連が食らう番となりました。自分の皿がVit100・+5レジストスタンバシリウム装備なのですが、ちょくちょく1秒弱のスタンを食らいました。余裕を見つもったつもりだったのにこの惨状・・・Vit100以下でバシなしだったらと思うとぞっとします。しかしこの状況は鳥にとってかなり苦しい状況であるといえます。Vit100・バシ装備でもスタンして、スタンするごとにブラギが消え、さらに常にドラブレ被弾の脅威に襲われるのですから。。

・MMも相変わらずの被害でした。主に最前線のRK部隊に被害が出ていた様子。

・守護神的ABの不在
いかなる状況でもスタンせず、PTの状態異常(スタン・MM)を回復し続けることができるABが絶対的に不足。求められるものは高Lv(メインキャラとして育てていること)・高Vit(素100~120)・ラウダ&クリア取得のABが、果たしてどれだけ居るか。

・ドラブレはスペルブレイカーで妨害できる。詠唱見てからスペブレ連打余裕でした。。。という割には見落とすこと多々。だめじゃん。まあ詠唱中断されないことを過信してとりあえず連打!あとは回復叩いてる!みたいなRKが多いんじゃないかと思った。


【SE戦における目下の要対策項目】
・ドラブレ
・スタン
・MM


→AB頑張れ超頑張れということなのか。。

駆け込みセーフはアウトの影でした。というわけで5分ほど遅刻。
A2防衛していましたがお客さん来ず、ということでSNKさん守るN3へ侵攻。
西守護は破壊されており、東守護戦からスタート。
第一クランクに兵を配し、城壁内側にスクリーマーを置くという布陣。
低Vitの魔法職には厳しい戦場でした。いつのまにか陣が崩れ突破。
1バリは終始中庭を制圧できた感じでした。
2バリは相手の布陣が遅れたか?バリ前を早期にとることができ、バリ裏を焦土化した後破壊。
3バリは2バリでの衝撃からか、敵兵が及び腰な感じ。バリにはりついてのドラブレで完。
エンペ付近をあらかた制圧し、割るの制圧するのどうするのーとまごついてるうちに敵さんは体制を立て直し徹底抗戦の構え。とここでA2にEDP連さんが攻めよせているとの情報がはいり、撤退。

たしか水路からの戦闘だった気がするA2・EDP戦。
勢いをなかなか殺せず、いつのまにか2バリ3バリと壊され、気付けばエンペイナバ!
ユニット性能ではこちらが負けていたが、復帰スピードの差(ゾンビアタック)でなんとか戦線を維持していた感じ。EMCしたところにドラブレが直撃すると痛いのなんの。。あとはMMでだいぶ無力化された感があった。最終的に防ぎ切り、EDP連さんは撤収。

修正くるくらい強いというのはあるけど、高LvのRKは鬼神の如しだったらしい。ただ固定詠唱はあるので、マンドラとの組み合わせで詠唱を伸ばして、スペルブレイカーで中断させれば遠距離でのRKはそんなに脅威ではないのかもと思った。ドラブレするRKはたいていドラブレ連打で、その間合いで出来ることはドラブレくらいしかないという事が多いイメージ。

『Gvは遊びじゃないんだ』の名言もありますが、SF型皿での集団戦に限界を感じる。特にスタンと詠唱速度。やはりリセットすべきなのかもしれない。

MM+マンドラですが、個人的体感ではMMのほうが脅威。また、高Lv湾が量産されることを考えると、PTメンバを一度に状態異常回復するラウダ系はかなり重要になると感じた。ラウダとればMMを直せるクリアランスもとることになる。ただサクラを捨てないといけないけれども。サクラ型だけでなく素V120・ラウダ・ハイネス取得の『拠点型AB(元ネタAF)』も、守りの要として必要なんじゃないかなと。

ただ詠唱の計算式・ヒールの計算式が変更されそうなので、それが来るまでは怖くてリセットを使えないというジレンマ。明日の修正でリセットNPCが再使用可能になればまだ期待ももてるんだけど、そこまで優しくはないだろうなあ。。

Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Profile
HN:
深影(みかげ)
性別:
非公開
自己紹介:
RO SES鯖 WHEREVER(鷹連)

深 影:AB
蒼 影:RG
黒鴉の魔女:狼
影の書:皿
星詠の書:WL
Search
Comments
[01/03 深影]
Counter
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ