忍者ブログ
おんなのこは世界にひとり。だから彼女は、かみさまだ。
Calendar
<< 2017/05 >>
SMTWTFS
123 456
78910 111213
14151617 181920
21222324 252627
28293031
Recent Entry
Recent Comment
Category
84   83   82   81   80   79   78   77   76   75   74  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

簡単に。
N3防衛開始するもALICEさん?即撤退、その後・・・誰も来ない。誰も来ない。
各地偵察するとIYL連さん・SNK連さんがN2で争っており、EDP連さんも介入しているとのこと。
正直、ここに更に介入するのはカオスすぎるだろう・・と思ったのですが、他の敵がいないこと、既にEDPの介入でぐだってるなら3つ巴も4つ巴も同じか・・ということで、混沌のN2へ。

狙いとしては自陣防御をメインにした戦いを練習したかったのですが、蓋をあけてみれば乱戦・・といえば聞こえはいいが、目の前の動くものにスキル叩きこむお仕事に。そして後から気付いたのですが、EDP連さんとは同盟が臨時で組まれていました。
パワーバランスを考えるなら、IYL+SNK 対 EDP 対 鷹 で、同盟なしの乱戦が相応かと思ったのですが・・・これじゃあなんというか、あれな気がします。2バリ破壊確認してN3へ撤退。

N2で目についたことは、SNK連さんとEDP連さんの布陣の堅さでした。7・8割の人が、火力の前線と後衛陣地の見分けがつき、己のヴァイタリティーの限界を知っているのでしょう。鷹連のスーパーユニットは確かに爆発的な威力を誇りますが、それが機能しない戦闘や復帰中などは自陣が非常に脆弱と感じました。目の前の戦果にうかれて、全体としての基礎錬度が落ちているのではないか・・・ちょっと危惧しています。

その後も相手に恵まれず、EVAさんとかFPさんとかと当たりましたが、なんというか「圧倒的じゃあないか(悪い意味で)」という感じ。

N2への介入、明らかに規模小との戦闘
「誰も喜んでやったわけじゃない、でもやらないわけにはいかない」
これに尽きるのではないでしょうか。
Gvプレイヤーにとって最も大事なことは「モチベーション」だと考えています。昨今の風潮はGvが結果の終着点で、そのための資金稼ぎ、そのためのレベリングのように思います。その2時間を暇防衛でつぶせば、Gvギルドは早晩崩壊します。ここは疑問の余地はないかと思います。
また、よく巷で「鷹連とEDP連でずっとやりあっとけばいいよ」という話を聞きますが、そのやり合いは先月中続いたように思います。拮抗した戦いは確かに楽しいですが、連戦が続けば他の連合ともやりあってみたいと思うのは自然な心情ではないでしょうか。「迷惑だ」と思われるのは当然の心情と思います。しかし他連合のことまで思いやる余裕ないんですよ・・それが正直な心境です。
ただ、蹂躙されると分かっていて相手をするというのもなかなか厳しいと思うので、何らかの対策は立てる必要があるかと思います(鷹連が)。

夢物語・MS Gv撤退の噂
暁連・ME連の片翼を担うギルドであっただけに、とても寂しいです。共にN3での苦々しい経験はいまでも鮮明に思い出せます。幹部の方、お疲れ様でした。兵の方、また戦場で会えますよう。

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile
HN:
深影(みかげ)
性別:
非公開
自己紹介:
RO SES鯖 WHEREVER(鷹連)

深 影:AB
蒼 影:RG
黒鴉の魔女:狼
影の書:皿
星詠の書:WL
Search
Comments
[01/03 深影]
Counter
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ