忍者ブログ
おんなのこは世界にひとり。だから彼女は、かみさまだ。
Calendar
<< 2017/05 >>
SMTWTFS
123 456
78910 111213
14151617 181920
21222324 252627
28293031
Recent Entry
Recent Comment
Category
23   22   21   20   19   18   17   16   15   14   13  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は指揮でした。
所属はPT1でしたが各場所をふらふら。
WHはHRに編入。

■N3(攻:ME連 守:鷹連)
錬度上げということでN3から防衛を開始します。スタダは無かったので早々に入口防衛を東守護石防衛にシフトさせます。この展開速度は数を積み重ねてきたせいか、スムーズでした。陣容が整ったところで騎兵部隊に各地偵察をお願いします。どこかの砦ではSNK連と新暁がやりあってたのこと、わざわざgdることもないかと傍観、N3にてお客さんを待ちます。しばらくするとお客さんが。

ME連、砦前に集結中

予想斜め上を行く上客(戦力的な意味で)の登場にハシを落としそうになりますが東守護石の防衛ラインは既に構築済み。騎兵部隊を急いで呼び戻し、迎撃態勢を整えます。

■N3_東守護石戦
今回も布陣は同じですが、キルゾーンを意識して行動してもらいました。前回(対SNK連)の時の反省を活かし、もはや隙無し(キリッ 思惑通りコーナーでの足止めに成功しますが、重いこと重いこと。おかげで何を血迷ったかトコトコと敵陣へ歩いて行って戦死第一号になってしまいました(死 しかし敵もさるもの、Mbr付きの濃密な弾幕で前方からジリジリと焦土作戦を実施され、騎兵部隊が壊滅。つぎにジーク地帯の通常PT(ジークの恩恵無し)が餌食になり、前線火力が弱まったところで一気にたたみかけられ、コーナー防衛は陥落。

→内心一番恐れていたことをされてしまいました。ME連さんは確かN3を奪われてから一度もお相手してないはず。研究を重ねられたのか、それともこの錬度が地か。戦術のME連、健在です。

■N3_西守護石戦
修理してくれてたのかな。西守護石の入口に布陣して迎撃します。ここだとSG1枚で封鎖が可能な半面、復帰場所が敵の勢力下になり、兵力で劣るとジリ貧に。あと2分で東が修理できそうというところまで保ったんですが、陥落。

→西守護石は時間稼ぎという位置づけなんですが、ある程度防衛できる布陣ってないでしょうか。要考察。

■N3_1バリ戦
もちろん敵さんもそうだとは思うんですが、重い。重すぎるううう。バリ内にいたんですがロクな仕事もできませんでした。GSも苦戦した様子で、バリに全負荷がかかり、バリ内をMbr付SGで焦土にされます。守備戦力のいなくなったバリは陥落。

■N3_1-2バリ間戦
敵さんの攻略法はまずバリ戦力の全滅のようで、バリ内にいた人が戦況を逐一報告してくれました。バリ内全滅の報を受け、1バリの放棄を決断。1-2間で再度陣地を築きます。EMCとバリ破壊はほぼ同時。布陣が完了したところで敵の第一波を蹴散らします。その間にGSは味方陣地をすりぬけEMC。キルゾーンも認識されこれはいけるか…と思いましたがすり抜けた敵前衛の処理に手間取り戦線が後退。ぞくぞくとEMCで戦力を投入されジリ貧に。2バリへ移行。

■N3_2バリ戦
主に旗遊撃していました。前回のSNK戦を研究しているのか、今回はきっちり復帰封鎖がされていました。復帰は基本的に単騎なので、各個撃破されていた感じ。注意喚起して機動部隊と御庭番衆を投入指示、GSと歩調を合わせることに成功します。この時はバリの圧力も減ったそうなんですが、安定した布陣にできず、2バリも陥落。2バリはアウトレンジ攻撃(MbrSG?JT?)だったようで、バリ内からは悲鳴が上がっていました。

■N3_3バリ戦
もう後がありません。ジーク班をバリ内に残し、全て遊撃につぎこみます。しかし思うように戦果が上がらず、ぽつりぽつりとバリが壊れていきます。残り数本というところで、独断専行ですがこのままでは1,2バリの二の舞と思い敵マスタが砦外にいるのを確認して、両守護石を復活させ、城門と閉じます。これによりMS(バリ前)とEva(砦外)は分断、そして味方もGSが外にいたため、HR対MS、GS対Evaの2戦線となります。GSには東守護石で遅延戦闘をお願いし、HRは遊撃をフルに利用しMSを迎撃します。MSマスターを暗殺できれば僥倖だったのですが、なかなかそうはさせてもらえず。バリが残り1本になってから異様な粘りをみせ、バリヒールと魔法&阿修羅の攻防が続きます。敵がEMCするとバリ前に敵がいなくなり、その間に態勢を立て直すことができました。一時期は(バリ残り1本になってから)敵砦前待機という陥落カウントダウンまで追い詰められましたが、なんとか、本当になんとか持ちこたえ。2130を過ぎても撤退しない敵に「さっさと撤退してくれええええ」と呪呪呪呪呪。天に声が届いたのか21:40過ぎにME連の撤退を確認。城内は歓声…というより、「も、もう居ないよな?守りきったんだよな?」とハウスオブザデッドで恐怖心のあまりリドードを忘れて撃鉄をガチガチ鳴らす初心者ゲーマーの心境。

そして。

入れ替わりにご来場する新暁の方々

ちょ、ちょっと待てwwwww。なんですか、今週は鷹連いじめ週間ですか!?守護石EMCまでされて本格的に攻撃か!?と思いきや数分で撤退してくれたみたいで。ゴタゴタの間に消耗激しい人は補給に行けたので、そのまま派遣戦へと移行します。

■派遣(残り10分)
B4のFPさんにお邪魔しますがDSもいたとのこと、続いての続報でL5が手薄との情報がはいり、一気に転進。エンペタッチまでいけましたが割られ、GSマスタが砦前待機してくれててカウンター。そのままなんとか時間内に攻略できました。

■戦果 N3 L5の2砦でした。

ME連さんに対する評価は総じて高いもので、バリ攻撃もシステマティックとのことでした。本当になんで陥落しなかったのか不思議でしょうがないくらい。東守護石戦は自分の考え通りに味方が動いてくれたと感じていたので、戦略上の限界点なのかなあ。他の人も何個か亜種を考えてくれてるので、それの実践考察もしてみると良いかも。

城門復活は独断専行で多数の味方の方に混乱を招き申し訳ありませんでした。今回は幸運にも良い方向に転びましたが、事前周知なしの行動は危険すぎると、今更ながら怖々としています。ただ一応、バリへの圧力は減っていたので、条件がそろえば有効な戦術なのかも知れません。博打要素大きいですけど!(銃殺

そういえば、敵さんの中にダブルキャスティングFBをメインにしたINT教授がいたとのこと。

同業他社(ライバル)か!!!!
影の書は非DV型教授(特にDC教授)を応援しています!!
PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック
この記事にトラックバックする →
Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile
HN:
深影(みかげ)
性別:
非公開
自己紹介:
RO SES鯖 WHEREVER(鷹連)

深 影:AB
蒼 影:RG
黒鴉の魔女:狼
影の書:皿
星詠の書:WL
Search
Comments
[01/03 深影]
Counter
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ