忍者ブログ
おんなのこは世界にひとり。だから彼女は、かみさまだ。
Calendar
<< 2017/08 >>
SMTWTFS
12 345
6789 101112
13141516 171819
20212223 242526
27282930 31
Recent Entry
Recent Comment
Category
38   37   36   35   34   33   32   31   30   29   28  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■戦力の集中と分散
概念からいくと、各員のキャラクタースペックを最大限発揮すれば戦力として最大になり、砦獲得率が増す。もっと具体的に言うと、職それぞれの仕事を常時100%稼働するようにすれば良い。例えば戦力10のギルドが守っている砦を制圧するには戦力15以上が必要ですが、制圧した後は(暇防衛なら)斥候を殺す戦力5あれば良い。そのまま置いておくと戦力10は遊んでいることになります。(自分はこれを遊び駒と呼んでいます。遊び駒とは、将棋で攻めにも守りにも役立っていない駒のことを言います。)また、防衛する際には前衛系戦力は攻略の際よりも重要ではありません。その時その時、砦に最適(あるいは最低限)の戦力を投入しつつ、余剰戦力を抽出し他砦へ向けさせることが大切になります。

■SE砦の有利性
SE砦が有利なのはその構造にあります。FE砦ならエンペを割れば済みますがSE砦は東西守護(+ガーディアン)、1~3バリケを破壊しなければなりません。鷹連全軍が、全く守備戦力のないSE砦をサーバーが最も軽い状態で攻略した場合、入口突入からエンペブレイクまで約■■分かかります。実際は数名でも守備兵がいたり、サーバーが重かったりしてもっと遅れます。つまり最後の■■分は守備兵をゼロにしても絶対に砦が陥落することはありません。その間にFE砦でEMCすれば、SE砦を戦力ゼロで保持しながらFE砦へ全戦力を投入することができます。
また、派遣時間に他連合から攻められにくいのも利点です。というのも、派遣時といえども数名は監視に残っており、敵(特にEMC)が来た場合はすぐに城主マスターがEMCして迎撃準備を整えます。例えば1Gで侵攻された場合こちらも1Gで迎撃します。この時双方1G(おそらく1砦派遣分)消費され、1砦失わせることに成功したかに見えますが相手も妨害することによって1砦失っています。そしてその2砦は何の関係もない第三連合がうまうま。まさに人を呪わば穴二つ。誰得になってSESのバランサーを自負する連合でもなければこんな手はうたないでしょう。仮に気まぐれで起こったとしても長くは続きません。連合はその活動を維持するために財源の確保に必死だからです。

■斥候の重要性
鷹連ではマスターが先行してFE砦へ行き、EMCすることはまずありません。必ず斥候が守備規模を報告し、一番手薄な砦を狙います。何故なら、FE砦において戦力の拮抗した熱い戦闘は期待していないからです。空き巣が一番優良な砦です。しかし中盤以後はだいたいどこかのギルドが守っています。そこで、どの砦が一番手薄か(少ない戦力で攻めきれるか)の情報が重要になります。

逆に言うと、FE砦を敵から守るには守備規模を見せないことが重要になります。そのためには斥候をメイン防衛線より前で消すしかありません。どのくらいの守備兵がいるか分からない砦よりも、分かっている砦の方が目標として定めやすいです。それは彼我の戦力差によって結果をある程度予測できるからです。次に、ギルマスを徹底マークしEMCさせないことが重要です。これは複数砦を取得している連合に対して特に有効です。何故なら、ギルド全員で攻めることはまずなく、他砦の防衛や監視に数名割いているからです。しかし攻めでは守りより多くの兵が必要です。また、まとまった戦力投入も確保率を上げます。そのためEMCするのです。

■蛇足-アスムEMC-
FE砦時代、鷹連が用いた戦術の一つにアスムEMCがあります。アスムは砦外でかければ砦内でも有効です。しかし効果時間が1分と短い。そこでベースでメンバーを待機させてアスムをかけておき、EMCによって前線に一気に投入、そのまま突入させます。アスムによる耐久性向上の他に、EMCから突入までの時間が短い(支援をベースで行えるので時間短縮)ことが利点です。欠点としてEMCをするマスターが妨害されやすくなりますが、複数ギルド運用して1Gを入口~ERまでのライン確保、他GをEMCで回すことで克服しました。

■蛇足-逆突撃-
FE砦時代はエンペルームに籠って戦うのが定石でした。しかし敵に兵力を集結させられ、一気に突入されると防衛火力が飽和して突破を許してしまいます。そこでEMCの有効活用として、ロキユニットを擁しないギルドのEMCチャージ直前に、耐久力のあるLKを中心とした前衛部隊をエンペルームから3MAPエンドへ突撃(鷹連内の呼称は逆突)させ、敵の足並を乱した後、EMCで回収するという戦法が執られました。

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ブログみてます!!!

細かい突っ込みになるけど
鷹連全軍で無防備SE砦落とすのにX分かかるから
最後のX分は他砦にEMCしてもってあるけど
あくまで鷹が攻めた場合であって
うち以上の戦力、火力の所が攻めればもっと早く落ちるからラストX分は絶対落城しないってのはどうかと思うよ。
2009-11-25 Wed 13:49
Eさん
ブログ見られてます
>>E様
有難うございます。
ブログ見られてます!

高慢じゃないですが鷹連の現有戦力はSE級連合としてノミナルレベルと自負しています。またTOP連合と比較しても火力比にして1.5倍にもならないかと思います(体感)。また、このX分はGv時間開始直後だから出来たことであり、派遣時間に(自分の取る砦を捨てて)全軍を投入するには連合である以上独断専行は不可能で、事前に連合会議などで合意をとる必要がありますが現状そこまで他連合を牽引できる統率力のあるギルドが存在するかというとなかなか難しいと思います。なので、気まぐれというリスクを内含したX分はもっと長いと思います。

2009-11-27 Fri 00:38
深影
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Profile
HN:
深影(みかげ)
性別:
非公開
自己紹介:
RO SES鯖 WHEREVER(鷹連)

深 影:AB
蒼 影:RG
黒鴉の魔女:狼
影の書:皿
星詠の書:WL
Search
Comments
[01/03 深影]
Counter
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ